文法とはそもそも何なのか?

まず、文法というのはそもそも何なのかを考えてみれば、本当に文法がそんなに大事なのかどうかがわかります。

言語の成り立ちを考えてみたときに、昔の人たちは文法という決まりを先につくって、それにあわせて言葉というものを発展させていたわけではありません。

自分達が使っている言語を分析するとある一定の法則があるのがわかった。「これがあると何かと説明するのが簡単だぞ。」と誰かが気づき体系化したのがが「文法」です。

だから、当然例外もたくさん出てくるわけです。(文法が先にありきならば、例外は出てきません)例外は理屈では説明できません。文法にも限界があるということです。

逆に、文法という知識がなくても会話は十分にできるということです。実際、あなたも「文法」など意識しなくても流暢に日本語が話せていますし、私はいまだに文法用語をよく知りませんがネイティブと十分に議論することができます。

英語も同じように英文法を意識しなくても英語が話せるようになるレベルを目指さなければなりません。

また、文法自体が難しいのではなく、文法用語(○○詞、○○法、○○語)が難しいからわからない可能性もあります。文法用語だけで英語アレルギーになっている人を多くみかけます。

私もその1人でした。

例えば、「不定詞」ですが、なぜ「不定」になるのかがまず分かりません。しかも、学校ではto+動詞が不定詞だと習ったとは思いますが、すぐにただの「不定詞」とは違う「to 不定詞」が出てきて、最後に
は「to のない不定詞」まででてくる始末です。

これなら「文法」を分かるという人のほうがおかしいぐらいです。わからないあなたの方が普通です。このようなわけのわからない文法用語をしったかぶりで使う人が悪いのです。

ここまで文法についてのデメリットを述べてきましたが、ある程度の年齢に達した以上は文法をある程度知ってわかっていると英語を学習していく上でのメリットは確実にあります。

ネイティブと議論するためには中学レベルの文法がわかっていればOKです。

>>関連記事
英語の勉強イコール文法の勉強か?
中学レベルの英文法も危うい人には
3単元の .を忘れないためには〜不規則動詞の活用はどうやって覚える〜
形容詞の比較級について

| 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。