日本人の発音にて関して笑えるようで笑えない話

ネイティブが日本人の変な発音を馬鹿にする笑い話がよくあります。「サンキュー・ベリーマッチ」はその最たる例ですが、笑うに笑えない話が他にありますので、ご紹介します。

手を叩くという表現はclap your hands と言うのですが、正しい発音をしないとcrap your hands となり、「手にうんこをする」という意味になってしまいます。日本人はL とR の区別ができませんからね。

座ってくださいというsit down(スィットダウン)ですが、これをシットダウンshit down と発音してしまうと「そこで糞して下さい」の意味になってしまいます。

また、I want eat ライスを上手く発音しないと、I want eat lice になってしまい、「私はノミが食べたい」になってしまいます。

また、I think を「アイ・スィンク」と発音すると「私は沈む」の I sink になってしまいます。実際は、文脈があるので笑われこそはしろ、通じないことはないと思うのですが、発音が思わぬ問題を引き起こしかねない程、私たちが思っている以上に重要だということをここではわかってもらえれば十分です。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。