日本にいながらスピーキングを勉強するには?

では、スピーキングを日本にいながらどうやって練習するかという話に戻ります。例えば、●OVA にはVOICE というフリーカンバーセイションをするためのコーナーがあります。

ここではネイティブの講師が一人いて、VOICE 用のチケットを一枚使えば、一日中そこで会話ができるというシステムです。

一見すると、とてもお得なシステムに思えますが、冷静に考えてみると一つの矛盾が見えてきます。

例えば、自分でフレーズを組み立てることができないレベルの人とアメリカの大学に留学しても十分ついていけるだけの英語ができる人が理論上では同じ空間に存在しうるわけです。

これをただ英語のネイティブだからという理由だけで日本に来ている外国人がこの状況を公平にリードできると思いますか?

おそらくVOICE で起こっていることを想像すると、一部の英語が理解できる人だけがネイティブの講師と話し、英語が初級レベルの人たちは圧倒されてネイティブの講師が気を使って話しかけてくれるまで指を加えて待つという状態になることは目に見えています。

もしくは、日本人のレベルが低すぎて、ネイティブの講師が日本語を話せる場合は、日本語の会話だけになってしまうということもありえまsす。

また、他の生徒があなたのように高いモチベーションを持っているとは限りません。授業の時に日本語で友達同士で私語をしてあなたの足を引っ張る可能性も十分にあり得ることを覚悟しなければいけないでしょう。

| 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。