英作文は英仮文

英作文は英借文(えいしゃくぶん)と呼ばれるぐらい、辞書をしこしこ引きながら書く物ではなく、スピーキングの時と同様に正しい英文を大量にインプットすることにより、脳が過去に蓄積された「自信を持って正しいと思う表現」をどれだけ手持ちするかとうことが大事だということを少し前に述べました。

そのためには多読をすることが一番です。

多読をするためには、英語脳を手に入れて置くことが前提となります。

では、多読のためにはどのようなものを題材に使えば良いのか?

TIME?
Newsweek?

ほとんどの英語学習法について書いてある本はこのあたりの雑誌を進めていると思います。

しかし、TIMEやNewsweek を理解するには、英語以前にアメリカの政情、経済状態、文化についての背景知識や世界情勢等についての基礎知識が必要です。日本語で読んでも意味がわからないような物を英語で読んだらさらにわからなくなってしまいます。

だから多読の材料としては、日本の英字新聞を多読の材料とした方が良いと思います。というのも日本で発行されている英字新聞の記事であれば自分に身近で興味を持つことができるし、背景知識が仮になくてる日本語で関連する読み物を探してあらかじめ背景知識を身に付けることも容易にできます。

多読するためには知らない単語が出るたびにわざわざひとつひとつ調べていたのではいくら時間があってもたりません。しかし日本の英字新聞の記事ならば、知らない単語が2,3個あっても類推で読みするめることができます。

日本で発行されている英字新聞を使うことによって多読の負担を軽減することができるというわけです。かといって、日刊の英字新聞を毎日取っていたのではお金がかかりますし、慣れないうちは記事一つ読み終わるだけでも大変なはずですから、ほとんどの記事を読まないうちに次の日になるということが十分考えられます。

また英文は違うものをいくつも読むよりも、同じ記事を何度も繰り返し読んだほうが効率が良いです。そこで、お勧めなのが『英字新聞週刊ST』です。

タブロイド版の週間の雑誌で一冊たったの290円です。たったこれだけの値段で、その週の主要な記事、例えば「安倍氏が大差で自民総裁にAbe elected head of LDP」などと、既に日本語で予備知識のある記事を英語で読むことができます。

ちなみに記事の英文を音声に収録したCDも隔週で販売されています。
週間だからといって、毎週取る必要はありません。とりあえず、一冊買って、その一冊を徹底的に音読していくのです。

290円すらもったいないないとう人には、NHKのラジオ日本オンライン等はいかがでしょうか?

http://www.nhk.or.jp/rj/

ちなみに音声も聞くことができます。しかし、記事の内容と音声があっていないので、リスニングの題材としては使えません。

また、この英語の音声は実は日本人が読み上げています。少し聞くとネイティブが喋っているように聞こえますが、実はネイティブっぽい発音を身につけた日本人ですのであしからず。

話している人の顔はリアルプレイヤーがインストールされていれば見ることも可能ですよ。畏まった文章を書く力をつけるには大学の論文等のハイレベルなライティング力を身に付けたいという人もいると思います。さすがに私もこのレベルには到達していないし、日本人である以上完璧な英文を書くということは不可能に近いと思います。

どうしてもネイティブの目によるチェックが必要になると思います。

しかし、基本原則は同じです。ライティングを伸ばしたければまずリーディングの量を増やせば良いのです。

論文などのより高尚な文章を書きたければ、より高尚な文章を大量に読むことが必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。