英語にカタカナを振るのは今すぐやめてください!

英語という言語は、スペルと音の間に関連性がありません。つまり、英語をそのままローマ字読みすると、英語として通じないという問題があります。

例えば、busyという単語ですが、これを音の通りにつづると、bizyでなければいけません。

そのため、中学校に入って英語の勉強をはじめると、この壁にぶち当たります。授業で当てられるて、英語を読もうと思っても、これでは全然読めません。そこで、多くの学生は英語のアルファベットの上に、先生が発音した英語を、自分の耳で聞き取った音をカタカナでルビをふっていきます。これで、いつあてられても、とりあえずはつっかからずに読むことができますし、また家で音読の練習をする時もこれでスラスラ読めます。

ただし、ここで忘れていけないのが、英語と日本語の言語の違いです。
何度もこのブログでも言っていますが、英語の音の中には、日本語には存在しない音があります。それは、ドレミファソラシドのドレミしかない鍵盤で音楽を奏でようとするものです。

そして、このカタカナのルビを振るという作業は、

そして、英語の

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセントの問題

もう一つ日本人の発音がネイティブに通じにくい理由のひとうにアクセントをあげることができます。アクセントといっても、いくつかの種類があります。これも日本語と英語とでは、大きく違います。

アクセントとは、簡単にいえば、言葉の強調されている「節目」にあたるものです。節目の種類と場所によって、通常その言葉のもつ意味が変わります。

ここでのアクセントとは、あの人はカリフォルニアのアクセントがあるという「訛り」と言った意味のアクセントのことではありません。

アクセントには大きく分けて強勢アクセントと高低アクセントの二つのアクセントがあります。

英語は強勢アクセントの言語で、日本語は高低アクセントの言語に分類されています。強勢アクセントとは、音節を強く読むか弱く読むかという強弱アクセント (stress accent)のことです。

例えば、subject という単語では、「題名」などの意味をもつ名詞の場合は最初の sub-を強く発音する。また、「服従する」という動詞の場合には-ject の方を強く発音する。

高低アクセント (pitch accent) とは語内の音の高低(ピッチ)の位置的な違いによって語の意味が区別されます。

例えば「はし」という単語では、標準語の場合「は」を高く発音すると、ごはんを食べる時の「箸」を意味します。つぎに、「し」を高く発音すると、「橋」を意味します。また、どこも高く発音しないと、「端」を意味します。

この説明だけでは、分かったような分からないようという感じだと思います。

では、強勢アクセントと高低アクセントでは決定的な違いは何のか?というと、それは「息」の強弱にあるんです。

アクセントのある音節は強く発音され、その結果多少長く発音されやすい一方アクセントのない音節は弱く短く発音される傾向があります。

日本語は高低のアクセントが重要な言葉です。

あめ
めあ
雨飴

といようにどこが強く発音され弱く発音されているがではなくて、どこが高く(音程)発音され、低く発音されているかを重視しているわけです。

私も含めて多くの日本人が生まれてから今まで、ずっと無意識に「どこが高いか?」に耳を澄ましてきたことになります。

そういう「高低を聞き取ろうとする耳」をもつ私たちが、突然どこも高くない英語を聞いたら、どうなるでしょうか?

「どこが高いか」と聞き耳を立てているのに対し、英語はどこの音も高くありません。

だから、実際に、英語が日本語より喋る速度が速い訳ではないにも関わらず、どこにも注目できないまま、あっという間に英語は通り過ぎてしまうため、「英語は速い!」と感じてしまうわけです。

おまけに日本人はただでさえ母音が多い日本語に聞きなれているのに、母音の少ない(音節の少ない)英語はより速く感じてしまうという現象が起こります。

私の妻も私が電話等で日本語を話していると、「なんで日本語はそんなに速いんだ!」と言う様なことをよく言います。

ポルトガル語も強勢アクセントを持つ言語に分類されるため、彼女も生まれながら音の強弱に耳を澄ます習慣が身についているため、おそらくそのように感じるのでしょう。

では、「英語は平坦」であるということを認識したうえで、英語を聞けば、それだけで英語の聞こえ方が変わるのか?と思ったかもしれません。

「では、どうすればいいんだ!」

と思った人もいるかもしれません。

正直なところ、これといった解決策はありません。市販されている発音矯正の教材等を使って正しい発音を身につけることと、ネイティブの発音をお手本に音読することが一番の近道です。

「自分が発音できない音は、聞き取ることができない」

という法則の逆を行けば良いわけです。

「自分が発音できる音もしくはリズムは、聞き取ることができる」

正しい発音で音読を訓練することにより、自分が強勢アクセントの英語を体が覚えていけば、聞き取りもできるようになるというわけです。英文にカタカナをふらないで下さい!

最後に英語の発音を勉強するに当たって一つだけお願いがあります。英語にカタカナのルビを振って勉強している人は、今すぐ止めてください。これをつづけるといつまでたっても発音は良くなりません。

英語の発音をカタカナで表記することは不可能です。では、ローマ字表記ではなくて、「聞こえた音をそのままカタカナで書き込むのはだめか?」と言われそうですが、それも駄目です!

例えば、メリケン粉ですが、実はこのメリケンというのはamerican からきているのは知っている人もいるかもしれません。

american という単語の実際の発音はa ではなくme にアクセントがあるため、「アメリカン」よりも「メリケン」の方が実際の発音に近いので、昔の人はamerican を「メリケン」と表記したわけです。

それでもamerican はamerican です。「メリケン」ではありません。もう一度言います。英語の音を100%カタカナで表記することはできません。

この商材では便宜上英語の音をカタカナで振っていますが、私の本意ではありません。仕方なく使っているだけです。

また上記のいずれかの教材を勉強していればわかってもらえると思いますが、英語の音を日本語で表記しようとすることは、DVD のソフトをVHS のビデオテーププレイヤーに入れてみようとするぐらい愚かなことです。

詳しくは、リスニングのところで触れたいと思います。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音節について

大学受験でアクセントの位置を問う問題があったのを覚えているでしょうか?

cir - cum - stance

このcir、cum、stance というのが音節の区切りです。音節は基本的に母音ごとに区切られています。

2重母音は1音節として数えます。

例) beau - ti - ful

音節というと何か難しいですが、分かり易く言えば拍(リズム)のことです。日本人の発音で通じにくい単語の中に”MacDonald’s があります。

これを音節で区切るとどうなるでしょうか?

Mac - Do - nald's

と3音節の単語となったはずです。カタカナであえて表記すると「マッ・ダ・ナー」の様になるはずです。で

は、マクドナルドをそのまま日本語読みした場合音節はいくつになるでしょうか?

Ma - ku - do - na - ru - do

なんと6音節にもなってしまいました。少し大袈裟な例かもしれませんが、音節が一つでも異なると(つまり3音節の単語を、4音節で発音してしまっても)ネイティブには全く違う単語と認識されてしまいます。

逆のことを言えば、あなたがあるネイティブと会話をしている時に、ネイティブの人が“マクドナルド“という6音節の単語で話してくれると思っていると、絶対に聞き取ることができないとうことになります。

つまり実際に聞こえる音と聞こえるだろうと思っている音の間に音節の数のズレがあります。このようなズレがある限りはリスニングができないのは当然のことです。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キレイな発音で話すためには?

キレイな発音で英語を話すためには、一つ一つの音、とりわけ、発音記号や、音素レベルでの音の矯正が必要になってきます。

文章を滑らかに、ネイティブのそれのように読むには、まず一つ一つの音が、ネイティブ並みに、彼らと同じ、呼吸、発声そして、発音になっていなければなりません。

そのために、面倒ではありますが、子音と母音(英語ではおよそ、50音ある)の音を一つ一つ、英語の息の発声で発音できるように、トレーニングすることが必要です。

子音・母音の一つ一つの音がマスターできたら、次に、単語の練習、次に、短文の練習、最後に、長文の発音練習という風に段階を経て、練習をしていくと、日本人離れした、キレイな英語の発音をマスターすることが可能になります。

私の場合はこの発音の矯正のためだけに、50,000 円も払わなければなりませんでした。幸い、今ではそれよりもかなり安くて、おそらく同等の効果が得られる教材が巷に出回っているようですので、ご紹介します。

その教材とは『英語の発音 UDA式30音DVD』です。

このUDA 式ですが私は使ったことはありませんが、説明を読んだ感じでは僕が使ったリアルリンガルと近い理論なのでまず問題ないと思います。

宣伝の謳い文句には「1日20 分、12 日間の効果的なトレーニングで「英語の口」と「英語の耳」を作ります。」とあります。

トレーニングの内容を日ごとに追って見ていくと、

口まねトレーニング
Day 1 英語の口の形を覚えよう
子音強化トレーニング
Day 2 息のスピードが速い音
Day 3 息を破裂させる音
Day 4 鼻と口に響かせる音
Day 5 変化する音
母音強化トレーニング
Day 6 開く音
Day 7 狭い音
英語の耳にぐぐっと近づく5 日間
Day 8 発音クリニック
Day 9 イントネーショントレーニング
Day 10 スピードトレーニング
Day 11 センテンストレーニング
Day 12 くだけた発音の聞き取り

となっており、ほぼリアルリンガルで勉強した内容と同じになっていますから、値段は、私が払った5万円に比べればかなり良心的だと思います。

それでも「まだ高い」と思われた人もいるかもしれません。

そのような方には、「英語のリスニングは発音力で決まる!―UDA 式30 音練習帳」というのも書籍として発売されています。

DVD に比べて、実践よりも理論を重視した内容になっていますが、値段なりの効果は得られると思います。

また、「驚くほど英語発音がキレイになるDVD(ビデオ)」という発音矯正の教材もあります。こちらはUDA 式より値段が張りますが、同じような内容ですのでUDA 式と比較してみるのもよいかもしれません。

「どうしてもリアルリンガルを手に入れたい!」

と思われた方もいるかもしれませんが、ヤフオクにたまに出品されているようです。買ってもらえばわかると思いますが、とても5万円もする教材には見えないと思います。もちろんオークションではもっと安く手
に入れることができると思いますが。

自分で使ってみて、使い終わったらまたヤフオクで売るのも手かもしれませんね。「発音ごときに1円も払いたくない!」という人もいるかもしれません。

そんな人には、「英語耳」という発音を矯正する本のうち、第2章から第5章にあたる部分がインターネットで無料で読めるサイトを発見しました。

ここでは説明しきれなかった発音に関する内容をここでは読むことができます。「たかが、発音」と馬鹿にしていた人は一度このサイトで理論を学ぶだけでも英語の音に対するセンスがアップするはずです。

但し、このサイトはあくまでも理論の説明だけですので、練習するためには何らかの教材が必要になると思います。

また、なんと音声付の無料発音講座があります。「藤井Atchan先生の英会話レッスンカタカナ英語からの脱出」 です。

無料とは思えない様な豪華な内容になっています。また、このAtchan先生の発音はネイティブと間違える程ですから、説得力があります。

07年6月現在では、この音声付発音講座はまだ終わっていませんが、2月から更新がありません。podcastに対応していますので、itunesなどに登録しておくと、聞き逃さないので便利です。

※podcast(ポッドキャスト)については、後で詳しく説明します。さて、この発音にどれだけこだわるかというのは人それぞれです。まあ、はじめの段階では、自信を持って音読できるようになることが大切です。完璧を目指す必要はありません。ある程度自信が持てるようになればオーケーです。

中学校あたりでは、発音が変にうまいとからかいの対象になったりしますが、馬鹿にされるのが嫌だったら学校ではローマ字読みで、自宅ではネイティブ音読をすればよいのです。このように発音が良くなると、ネイティブから「どこに留学していたのか?」とか「アメリカに住んだことはあるか?」と質問されるようになります。

その時の優越感といったら、一度感じたらやめられません。

発音が良くなるだけでも、英語がまた一段と好きになってやる気が上向いてくはずです。これでまた、音読の訓練にも身が入るというものです。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人の発音にて関して笑えるようで笑えない話

ネイティブが日本人の変な発音を馬鹿にする笑い話がよくあります。「サンキュー・ベリーマッチ」はその最たる例ですが、笑うに笑えない話が他にありますので、ご紹介します。

手を叩くという表現はclap your hands と言うのですが、正しい発音をしないとcrap your hands となり、「手にうんこをする」という意味になってしまいます。日本人はL とR の区別ができませんからね。

座ってくださいというsit down(スィットダウン)ですが、これをシットダウンshit down と発音してしまうと「そこで糞して下さい」の意味になってしまいます。

また、I want eat ライスを上手く発音しないと、I want eat lice になってしまい、「私はノミが食べたい」になってしまいます。

また、I think を「アイ・スィンク」と発音すると「私は沈む」の I sink になってしまいます。実際は、文脈があるので笑われこそはしろ、通じないことはないと思うのですが、発音が思わぬ問題を引き起こしかねない程、私たちが思っている以上に重要だということをここではわかってもらえれば十分です。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有声音と無声音について

ところで、有声音(ゆうせいおん)と無声音(むせいおん)ということばを聞いたことがありますか?

言語の音は、まず無声音と有声音に区別することができます。
無声音とは、文字通り声がない音のことで、具体的には、声帯が振動していないときの音を指します。

次に有声音とは、文字通り声がある音のことで、声帯が振動しているときの音を指します。

ちょうど、喉に手を当てて、「あいうえお」といったときに、喉が振動するのを感じるはずです。これが、喉(喉仏のところ)にある、声帯が振動している状態です。ですから、日本語でも英語でも、「母音」は、すべて有声音となります。

ここで、一つ例題です。

自分の手を喉元にあてて、s という音を発音してみて下さい。

この時喉が震えましたか?

それとも震えませんでしたか?

もし、喉が震えたとしたら s を「ス」と発音してしまっている可能性が大です。s は口を閉じた状態(奥歯が上下きちんとついた状態)で「イー」の口の形を作り、舌を下の前歯の付け根あたりにつけて、前歯の上下の隙間から空気を吐き出します。

このとき「スー」というようなガスが漏れているような音がしますね。「ありがとうございます」の最後の「す」の音がや「おっす!」という挨拶をする時の「す」の発音がこの音にあたります。

最近めっきりTVでは見かけなくなって篠原ともえのように「ありがとうございますぅー」という場合の「す」ではないですよ。

ただの「す(su)」とありがとうございますの「す(s)」の違いが分かっていただけたでしょうか?

そういう私もSee you again(スぃー、ユー、アゲイン)のことをShe you again(シー、ユー、アゲイン)と言っていました。

She you again では「彼女とあなたが後で…」になってしまいます。

別れ際でこんなことを言われたら、「彼女と後で何があるんだ?気になるー」と言われた方は変な期待をされてしまいます。日本人が英語の発音で苦労する点にはこのs に限らず、すべての子音(s,t,p など)に母音をくっつけてしまう癖があるからです。

そのため、英語のように、子音と母音が分離している音を発音しようとしても、この癖があるためにどうしてもカタカナ英語(もしくはローマ字読み)と呼ばれる発音になってしまうのです。

しかし、英語の場合、ネイティブは子音と母音は別々の音として認識していますから、英語を外国語として習う日本人も子音は子音として、母音は母音として認識し、発音できるようになることが重要というわけです。日本人の英語の発音が通じないわけは、この音の違いにあったのです。


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発音の問題はリスニングにも影響を及ぼす

「日本人なんだから日本人の発音でかまわない」

等と暴論を吐く人の言うことを真に受けてはいけない話をしました。というのは、発音の問題は、発音だけに留まらないということが真の問題なのです。もし自分が発音できない音は聞き取れないとすれば、

リスニングにも当然のことながら悪影響を及ぼすということが容易に想像されます。日本語は母音だけをいくつでも自由に組み合わせることができます。5つの母音がしっかりしているからです。

あいうえおの5文字から2重母音は25通りを作ることが出来ます。

例)ああ、あい、あう、あえ

日本人は子音と母音が一つになった言語を使用しているために、英語の発音は特に注意が必要です。

例)たばこ

t(子音) +a(母音)+b(子音)+a(母音)+k(子音)+o (母音)

英語は日本語のように2つの母音を平等に発音する2重母音がありません。というのも英語は子音を中心の言語だからです。

日本語には純粋な子音というのは存在していないの等しいので、そのために日本人はこの子音の聞き取りが非常に苦手なのです。

「日本人が子音の聞き取りが苦手と聞いてもぴんとこないな〜」

と思った方もしれません。

例えば、hotと hop ですが、普通の日本人が聞くとどちらも「ホッ」という音にしか聞こえないはずです。

というのも t や p の子音単独の発音が日本語には存在していないからです。当時私が使用していたこのリアルリンガルという教材では、日本語には存在しない短母音や子音を発音できるようにすることが目的とされていました。

画期的だったのは、音韻学のややこしい用語をできるだけ使わず、発音記号も用いていなかった点です。おかげで短期間のうちに僕の発音はネイティブ並になり自分の音読にも自信が持てるようになりました。


※現在、残念ながらこのリアルリンガルは販売されていないのですが、リアルリンガルと同様の教材である「英語の発音 UDA式30音DVD」や「驚くほど英語発音がキレイになるDVD(ビデオ)」が、リアルリンガル以上に安価で販売されています。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お手本とするべき英語とは?

英語といえども、アメリカ英語もあれば、イギリス英語もあり、カナダ、オーストラリア、ニュージランド等各自の英語が存在します。

「では、どの国の英語をお手本にすれば良いのか?」

これは私の個人的な意見ですが、お手本とする英語はアメリカの英語すなわち米語とするべきだと思っています。

特に意識しなくて、日本で売られている教材やテレビやラジオの英会話講座のほとんどがアメリカ英語を採用しているので、「私の英語はアメリカ英語かな?」などと心配するには及びません。

私はなんでも「アメリカが一番」だと思う類の人種ではないのですが(むしろ国歌としてのアメリカにはアンチなのですが)、それでも現時点では英語学習者は特別な事情がなければ、アメリカ英語をまず学ぶべきだと思っています。

好き嫌いに関わらずアメリカの映画が世界の英語のスタンダードであることは疑いのない事実だからです。

ハリウッドやCNN の影響力を考えてください。BBC(イギリスのニュースチャンネル)は見るアメリカ人はほとんどいませんが、CNN を見るイギリス人はたくさんいます。

オーストラリア人、カナダ人、ニュージランド人はまるで自国のドラマを見るかのようにFOXやワーナー、SONY チャンネルのドラマやコメディを見ています。

これが意味することは何か?

アメリカ以外の英語圏に住んでいる人たちは、アメリカ英語を理解できる素地があるということです。オーストラリア人がアメリカなまりの英語を話して生活しているという意味ではありません。オーストラリア人
が普段使わないようなアメリカの表現やスラングであっても、オーストラリア人はアメリカの映画やドラマを普段から見ているので理解できるという意味です。

これは、日本でも同じことが言えます。青森の人も鹿児島の人もNHKのニュースで話されている標準語は100%理解できますが、いざ同じように話せと言われても、方言丸出しになってしまうのと同じことです。

だから、どうせ同じ英語を勉強するならば汎用性のある「アメリカ英語」を勉強しておくのが無難だと思います。

「英語(イギリス本場の英語)の方言である米語(アメリカ英語)を勉強しろ」なんてことをイギリス人が聞いたら怒るかもしれませんが、アメリカは英語圏では人口が最大の国で、世界第一位の経済大国でもあり、日本に売られている教材のほとんどが米語であることからも、やは
りアメリカ英語を学ぶのをお勧めします。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語が読めない!?

私の場合も、音読の重要性に気づいてからは、早速学校の教科書を集中的に音読するようにしました。

今までは、英語の勉強とは教科書を読みながら、分からない単語が出てきたら辞書で調べながら日本語で解釈していくことだと思っていましたから、初めは音読という小学校の国語の授業の様な作業は低レベルに思えましたが、疑いつつもこれを数週間忠実に実行しました。

しかし、音読を始めたときにまずぶつかった壁がありました。先ほど、音読の重要性のところで述べた「自分が読めない単語がわかる」というところで引っ掛かってしまったのです。実際、学校の教科書等で音読を始めたのですが、音読しようと思っても音読ができなかったんです!

というのも自分の発音が正しいのかどうかの確証が持てない単語がたくさんあったために音読するのが怖くなったという方が正しいかもしれません。

例えば、toward という単語がありますが、私が始めてこの単語を見たときに「トワード」なのか「トゥワード」なのか、そしてto にアクセントがあるのか、ward にアクセントがあるのかがわかりませんでした。

そこで一つの疑問が頭に浮かびました。

「このまま間違った発音のままで勉強していってもいいんだろうか?」

自分の「発音」に自身が持てなかったので、音読する気がなかなか持てずにやめてしまいました。というのも当時お手本となるCD がないまま、自分独自の発音で音読をしていたので、このような壁にぶつかったのも当然といえば当然なのですが、このことがきっかけとなって発音の重要性に気づくことができました。

実は発音の重要性はただ単にある単語の読み方が分かるか、分からないかのレベルの問題ではなく、日本人の英語のコミュニケーション能力を高めていく上での根本的な問題を抱えているからです。

その発音の重要性に気づかせてくれたのが、NHK のラジオ英語講座の最後にある広告のページに載っていたGE 研の「リアルリンガル」という教材でした。(今は発売中止)

広告を見たときなんか胡散臭いなと思いましたが、当時発音を矯正する教材といえば、発音記号が並んだだけの参考書ぐらいしかありませんでしたから、当時5万円もした教材をなんとか母親を説得して買ってもらいました。

この教材の内容を一言に要約すると「自分が発することのできない音は、聞き取ることできない」ということでした。

だから、英語にはあって日本語にはない音だけを徹底的に練習して発音できるようにすることだけを目的としたシンプルな教材でした。

「日本人なんだから日本人の発音のままで良い」という人がよくいます。特に40〜50代の英語教師にこの種の人が多いような気がします。

高校や大学時代に今とは違い英語学習の環境が整っていなかったし、英会話学習の重要性が認識されておらず、英語と言えば今以上に英文の日本語解釈のことだと教えられてきた世代だからです。

確かに発音が少し悪いからといって必要以上に卑屈になったりする必要はありません。実際、発音が多少悪くても英語は通じると思います。(文脈があるから)

インドにはインド、シンガポールにはシンガポールの独特の発音やアクセントがあります。

「だから、日本には日本の英語があってもいいではないか?」

一見すると筋が通っているように思えます。まあ、日本人である以上、ネイティブの発音を習ったからといっても。やはり日本人の発音やアクセントが多少は残ると思います。

そのレベルが日本の英語であって、発音、アクセントをまったく無視した「サンキュー・ベリー・マッチ」や「マクドナルド」をそのままカタカナ読みするのが日本の英語となるべきではないと思います。

このような英語でも良いというのは、ひとりよがりで英語圏の人に対する侮辱だと思います。かといって、超完璧主義になる必要はないと思いますが。

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音読のメリット

まず常識で考えても、ただ目で字面を追っていく黙読と、英文を目で追いかけて、自分の口で読んで、その音が耳から入ってくる音読とでは、脳への刺激が単純に3倍になる音読の方が効果がありそうだということはなんとなくわかってもらえると思います。

英語が聞けるようになる、話せるようになる状態というのは、英語の様々な形の情報が脳に蓄積されていって、いつかフロー(流れ出す)することです。

音読はそういう点ではもってこいの勉強法といえます。

さて、音読のメリットを具体的にあげたいと思います。

(1)「英語脳」を作るための土台ができる

後でも説明しますが日本人の多くが英語を漢文のように英語をおしりからひっくり返して解釈しながら読む癖があります。音読をしている最中は、いやでも先頭から意味をとろうとしていくので、「英語脳」を作る訓練の一つとなります。

(2)スピーキングの練習になる

黙読している時は心の中で声を出して読んでいるわけですが、音読の際はスピーキングの時と同様に自分の脳、舌、声帯を実際に動かすわけです。鉄棒の練習にしても、自転車に初めて乗るときにしても、必要な筋肉、バランス感覚などは反復練習によって培われたと思います。

黙読では、頭の中で鉄棒や自転車に乗る練習をするようなものです。また、自分が音読した内容は忘れたとしても、潜在意識の中には蓄積されていきますから、スピーキングの時にいつかこの蓄積されたものが自然と口をついて出てくるようになります。

また、英語独特のリズムがだんだんと体に浸透していくはずです。

(3)自分が読めない単語があいまいなままにならない

声に出して読むわけですから、発音やアクセントがわからない単語が読めないということが自分でわかるはずです。ここで、絶対にやってはいけないことは、この点をあいまいにして適当な発音のまま音読を続けることです。

これを避けるためには、自分が音読する内容が入っている音声CD が必要です。音読の訓練のためにはCD がない教材は使わないようにしましょう。

「音読が大切というのはわかったけど、TOEIC の長文問題を声に出して読む程度のスピードで読んでいては、いくら時間があっても足りないぞ!」

という声が聞こえてきそうですが、これは後で解説する英語脳を手に入れることができれば、自然と速読力もついていくので心配しないで下さい。

では、「どれくらい繰り返して読めば良いのか?」と思ったかもしれませんが、「その英語が自分の体になじむまで」というのが私の答えです。だから、浮気心で色々な英文を手当たりしだい音読するのはよくわかりません。

一つの英文を50 回でも100 回でも音読するべきだと思います。

英語が読めない!?
音読のメリット
お手本とするべき英語とは?
発音の問題はリスニングにも影響を及ぼす
有声音と無声音について
日本人の発音の笑えるようで笑えない話
キレイな発音で話すためには?
音節について
アクセントの問題
・英語にカタカナを振るのは今すぐやめてください!

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

語学の学習で一番大切なことは?

私は高校の時に英語につまずき挫折しました。中学の時あれだけ好きだった英語が大嫌いな教科の一つになってしまったのです。

しかし、高校を卒業したらアメリカの大学へ行こうと思い、英語の勉強を始めることになりました。(今、思えばアメリカに行きたいというのは逃げだったと思いますが。)

しかし、勉強をしてもなかなかはかどらない、TOEFL のスコアも上がらなかったので、色々な英語の学習法の本を読み漁りました。

その結果、英語の勉強には音読が一番大切だということがわかってきました。

ところで、「書き言葉」と「話し言葉」のどちらが先に存在していたと思いますか?当然、「話し言葉」ですよね。

ということは、人間というのは『音でのコミュニケーション』を『文字でのコミュニケーション』よりも先に始めたということになります。

別の言い方をすると文字というのは、音を記号化したものですから、語学というのは音から入っていかなければならないのです。

だから日本人が英語の勉強と考えている本の黙読したり、英文和訳と言われる翻訳をしたりする作業というのは語学の学習法としては実は一番ハイレベルなことなのです。

だから英語の初心者にとって、このようなことは一番やってはいけないことなのです。

言語ですから「音」に出さなければ始まりません。

いくら本で文字を目で追っていっても、それに音がなければ、文字はただの記号にしかすぎません。

例えば、英語の単語「desperately」と「○▼□◆※」は音というものが存在しなければ、同じものです。

desperately をただの○▼□◆※の様に文字の集合体として覚えようとしたら大変ですが、その発音がわかっていれば覚えるのはもっと楽になるはずです。

特に中学レベルの英語でつまずいてしまった人は、まずは中学生の教科書を押入れから引っ張り出して下さい。

中学生のお子さんがご家庭におられる場合教科書を借りてください。
おそらく中1や中2のレベルは簡単すぎて手応えがないと思うので、中3の教科書の例文をひたすら音読しましょう。

「中学の教科書ではレベルが低すぎるのではないか?」と思われたかもしれませんが、実は中学程度の語彙でも日常会話はほとんど問題ないのです。

だから、中学校の教科書だからといって馬鹿にしないで真剣に音読しましょう。英語の中級レベルの人、TOEIC600点程度の人は高校生用の教科書でもいいと思います。

もう教科書等捨ててしまったという人は、講談社から「英会話・ぜったい・音読」というシリーズが販売されているので、それを買ってみるのも一つの手です。

このシリーズは中学3 年生用の文部省認定済み英語教科書7 册から、成人の英語トレーニングに適した12 レッスンを厳選して収録されているので、英語の基礎が自分でまだできていないなという人にとっては最適の教材だと思います。


英会話・ぜったい・音読 【入門編】―英語の基礎回路を作る本
国弘 正雄
477002746X


英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】 (CDブック)
國弘 正雄 千田 潤一 久保野 雅史
4770025246


>>関連記事
英語が読めない!?
音読のメリット
お手本とするべき英語とは?
発音の問題はリスニングにも影響を及ぼす
有声音と無声音について
日本人の発音の笑えるようで笑えない話
キレイな発音で話すためには?
音節について
アクセントの問題
・英語にカタカナを振るのは今すぐやめてください!

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聞き流すだけで英語をマスター 特価セット

聞き流すだけで英語をマスター:初級用2作品セット(CD3枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】
初級用2作品セット(CD3枚+教本)
価格 7640円 <340円引き(4%OFF)>



初級2作品割引セット MP3ダウンロード版【聞き流すだけで英語をマスター】
初級2作品割引セット MP3ダウンロード版
価格 4290円 <478円引き(10%OFF)>


聞き流すだけで英語をマスター:中級用4作品特価セット(CD10枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】
中級用4作品特価セット(CD10枚+教本)
価格 19320円(税込み)<4,830円引き(20%OFF)>



中級4作品特価セット MP3ダウンロード版【聞き流すだけで英語をマスター】
中級4作品特価セット MP3ダウンロード版
価格 13524円(税込み)<3,383円引き(20%OFF)>



聞き流すだけで英語をマスター:6作品特価セット(CD13枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】
6作品特価セット(CD13枚+教本)
価格 22490円 <9,640円引き(30%OFF)>



英語教材6作品特価セット MP3ダウンロード版【聞き流すだけで英語をマスター】
英語教材6作品特価セット MP3ダウンロード版
価格 15170円 <6,505円引き(30%OFF)>

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聞き流すだけで英語をマスター:ピーターラビット(CD1枚+教本)

■作品名

聞き流すだけで英語をマスター:ピーターラビット(CD1枚+教本)

■対象レベル

英語初級

■録音時間

約50分

■価格

2,835円 (税込)

■価格に含まれる物

CD1枚またはMD1枚(選択可能)。 
印刷済み小分割/和英順テキストと原文&eメールテキスト付

■ストーリー

子ウサギのピーターは、大のいたずら好き。お母さんウサギが、「行ってはいけない」と行った所へわざと行って、とんでもないはめに。さて、ピーターラビットは一体どうなるのでしょう? 

■購入先(画像をクリックすると販売ページに移動します)

聞き流すだけで英語をマスター:ピーターラビット(CD1枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】
聞き流すだけで英語をマスター:ピーターラビット(CD1枚+教本)

| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイティブがよく使うスラング集

ネイティブ会話によく出る英語スラングネイティブ会話によく出る英語スラング
ディビッド セイン 田村・ティム 隆幸 小池 信孝

明日香出版社 2005-09
売り上げランキング : 80495

Amazonで詳しく見る


ネイティブがよく使う英語スラング―映画・ドラマが楽しめるネイティブがよく使う英語スラング―映画・ドラマが楽しめる
ディビッド セイン 小池 信孝 David A. Thayne

明日香出版社 2003-07
売り上げランキング : 109362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】

【 Amazon.co.jpレビューから抜粋 】

序文に「だまされたと思って、とにかくやってみてください」とあります。「3ヶ月で変化、3年で結果」とも書いてあります。「だまされたと思って」やってみました。感想は「やってよかった!」
音読をやればすぐに英会話ができるわけではありませんが、英語が口を出るのが少し楽になった気がします。くせになりそうです。テキストの内容も大人でも興味が持てるものがそろっています。
対象は、TOEIC600点以上となっていますが、特に、「高得点でも話すのは苦手」(私もその一人)という人にはぴったりのレベルでしょう。
今、「続」でない古いほうの本を読んでいます。レベルは同じですが、製本が「続」のほうが音読・筆写向きです。各レッスンの長さも「続」のほうがやや揃っていてやりやすくなっています。

英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】
國弘 正雄 千田 潤一

講談社インターナショナル 2004-03-12
売り上げランキング : 6728

Amazonで詳しく見る


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】—英語の上級回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】—英語の上級回路を作る本英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】—英語の上級回路を作る本
国弘 正雄

講談社インターナショナル 2001-07
売り上げランキング : 27705

Amazonで詳しく見る


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】

【レビュー】

英語を話すため、また利用するために何をすればいいのかかかれている。

特に、音読筆写というものは、英語を覚えるにもリスニングにも役に立つことが実感できた。英語を聞き慣れていない人にはかなり良書であるといえるだろう。

ただ、中学教材をつかっているため飽きてしまいやすいかと・・。2ヶ月この本をやったら、この方法をつかってTOEICの教材をつかって同じ事をやると良いと思います。

4770025254英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】
國弘 正雄 千田 潤一

講談社インターナショナル 2004-03-12
売り上げランキング : 6331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話・ぜったい・音読 【標準編】

☆マイナス点☆付属CD全48章の中の2〜8章内に主役として登場する日本人女性役の声優が、役柄まんま、日本人女性であった。
日本人のレベルとしては上手い方の発音だが、ネイティブが発音しようと思っても発音できない、できれば耳に入れたくない”思い切り日本人英語”であったことが何より残念。

☆評価点☆日本語訳は巻末に概要がある、あとページ下に小さく単語説明がある程度、よって日本語が目に飛び込んで来ることが無く、英語に集中できる。具体的な進め方の指示が自信を持って示してある。

☆CD☆音声は初心者でも挫折しなくて済むゆっくり目。男女入り。

☆改善希望点☆音声は全ネイティブで。また初心者が音読するにあたっては特に発音などはCDを参考にすると思うが、音声には殆ど間が無いので、1章終わるごとにCDの発音を思い出しながら真似しなければならなくなる、ので1文ごとにシャドウイングできる間を入れたバージョンもつくってほしかった。


4770024592英会話・ぜったい・音読 【標準編】—頭の中に英語回路を作る本
国弘 正雄

講談社インターナショナル 2000-04
売り上げランキング : 64657

Amazonで詳しく見る



| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】

4770025246英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】
國弘 正雄 千田 潤一 久保野 雅史

講談社インターナショナル 2004-03-12
売り上げランキング : 2912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本

477002746X英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本
国弘 正雄

講談社インターナショナル 2001-04
売り上げランキング : 22275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。